イラストレーターで白影・黒影のシャドウ効果をつける

Illustrator

イラストレーターで文字や画像に白い影と黒い影をつける方法は2通りあります。
どちらもさほど効果は変わらないので好みではありますが、若干効果が違ってくるので2通り覚えて好きな方を使ってください。

スポンサーリンク

文字や画像に影をつける二つの方法

通常の影を何も付けていないデフォルトはこちらです。

msredesign

msredesign

ドロップシャドウ

メニューバーにある【効果】→【スタイライズ】→【ドロップシャドウ】

  • 黒い影:描画モード【乗算】に設定します。
  • 白い影:描画モード【スクリーン】に設定します。

影の濃さを調節する場合は、【不透明度】を調節します。
影のボカシ具合は、【ぼかし】を調節します。
影の場所を移動する場合は、X軸Y軸を調節します。

msredeign

black1

さらに影を濃くしたい場合、透明度やぼかしを調節してもいいですが、さらに同じ効果をもう1度付けます。

適用

適用を押します。
2度適用すると、次のような効果が出ます。

msredesign

msredesign

光彩(外側)

メニューバーにある【効果】→【スタイライズ】→【光彩(外側)】

  • 黒い影:描画モード【乗算】に設定します。
  • 白い影:描画モード【スクリーン】に設定します。

影の濃さを調節する場合は、【不透明度】を調節します。
影のボカシ具合は、【ぼかし】を調節します。
ドロップシャドウと違って、影の場所は移動できません。

効果は、ドロップシャドウと同じなので効果の具合は省きます。

まとめ

画像に効果をつける場合も同じようになります。
文字を目立たせるのに影は容易なので是非使ってください。